JGAP(ジェイギャップ)とは・・・・・? 
J
apan Good Agricultural Practice (日本の良い農業のやり方)
の略です。それは、消費者にとっては、「安全な農産物」という意味を持っています。

ヨーロッパで誕生し、日本でもここ数年、導入の動きが広がっており、06年設立の日本GAP協会に認証
を受けた農場は、224農場(5/31現在)あります。
農業経営者が解決すべき、4つの課題
1. 出荷する農産物の安全を保証する
2. 環境に配慮した持続的な農業を行う
3. 生産者自身の安全と福祉が確保された農場
4. 買手が信頼できる販売管理を実現した農業経営
を解決のための農場管理の新しい手法です。

農林水産省は「農業生産工程管理」、
日本GAP協会は「適切な農場管理とその実践」と訳しています。


日本GAP協会     あずま産直ねっとJGAP認定取得記事(朝日新聞)
GAPの目的 
GAPの目的は、安全・高品質な農産物を消費者に届けるとともに環境負荷の低減
を行うことです。そのためには環境や経済面を含めた持続的な農業生産が行われることが必要となります。
日本の農家がGAPの整備を行うことは、結果として輸入農産物に対抗できる安全性・品質を保持すること
になります。